相続の基礎知識

法定単純承認とは何ですか?相続放棄ができなくなるのですか?

法定単純承認とは 法定単純承認とは、ある事情があると当然に単純承認の効果が発生してしまうことです。 相続人になった場合の対応方法 自分が相続人になっているとき、対応方法は3つあります。1つは単純承認、2つ目は相続放棄、3つ目は限定承認です。 単純承認 単純承認をすると、すべての財産を、条件をつけずにすべて相続します。 そのため、被相続人に借金などの債務や負債があった場合には、その借 続きを読む >>

相続放棄の期限はいつまでですか?

相続放棄をすることができる期限 相続放棄をするためには、「自分のために相続があったことを知ってから3ヶ月以内」にしなければなりません。この期間のことを、熟慮期間と言い、この短い期限を過ぎると、これらの手続きが認められず、借金などを相続せざるを得なくなるので、注意が必要です。 相続財産の調査に時間がかかる場合は、家庭裁判所に申立てをして、期間を延長してもらうことも可能です。 熟慮期間の解釈 続きを読む >>

限定承認の手続きは、どのようなものになりますか?

家庭裁判所での手続きが必要です 限定承認をするときには、家庭裁判所において「限定承認の申述」という手続きをする必要があります。 限定承認の申述は、法定相続人全員が共同して行う必要があり、相続人のうち1人でも単純承認してしまっていたら、限定承認はできなくなるので注意が必要です。 「限定承認の申述書」の提出 申述を行う際には、家庭裁判所に対し、「限定承認の申述書」を提出します。 このとき 続きを読む >>

代襲相続とは何ですか?

代襲相続とは 代襲相続とは、相続人が被相続人よりも先に亡くなっている場合、相続人の子どもが、代わりに相続人になることです。 代襲相続が起こると、相続人の人数が増えることもあり、相続が複雑になっていきます。 そのため相続問題の適正な解決のためには代襲相続をきちんと理解することが重要になります。 代襲相続の例 わかりやすいように、例を挙げて説明をします。 子どもがいる人が亡くなると 続きを読む >>

法定相続人は誰ですか?それぞれの法定相続分はどのくらいですか?

法定相続人とは 民法では、亡くなった人の財産を誰が相続するかを定めており、そこで、相続人になると定められている人のことを法定相続人といいます。 法定相続分と相続順位 法定相続分とは、それぞれの法定相続人に認められる遺産の相続分(相続割合)のことです。 まず、被相続人に配偶者がいる場合、配偶者は常に法定相続人となります。 それ以外の法定相続人には順位があります。 第1順位の法定相続人 続きを読む >>

祭祀財産はどのようにして分けるのですか?

祭祀財産とは 祭祀財産とは、先祖をまつるための財産です。 家系図などの系譜、仏壇仏具などの祭具、お墓などの墳墓が該当します。 これらについては、通常の遺産分割協議で分けることはありません。 「祭祀承継者」がまとめて引き継ぎます。 その際、祭祀承継者をどのようにして決めるのかが問題となります。 祭祀継承者について 祭祀承継者を決めるときには、まずは被相続人の意思が優先されます。 続きを読む >>

相続財産にならないものはどのようなものですか?

民法上の相続財産にならないもの 祭祀財産 まずは、祭祀財産です。 祭祀財産とは、先祖をまつるための財産のことです。 たとえば家系図や仏壇仏具、神棚などの祭具、お墓などが祭祀財産になります。 これらは、相続人らによる遺産分割協議で分けることはしません。 祭祀財産は金銭的価値がある場合でも相続財産には含まれないため、遺産分割や遺留分請求においても考慮されることはありません。 香典も相続財 続きを読む >>

相続財産にはどのようなものがありますか?

相続財産とは 相続財産とは、人が亡くなったときに相続人に受け継がれる財産のことです。 財産というと、現金、預金、不動産などが、イメージしやすいと思いますが、正確には、相続財産とは被相続人の財産に属した全ての権利義務が対象となります。 これには、プラスの相続財産とマイナスの相続財産があります。 プラスの財産 プラスの相続財産は、現金や預貯金、不動産や株式、投資信託、ゴルフ会員権、出資権など 続きを読む >>

初回無料相談

電話でお問い合わせ

0776-28-2824
初回無料相談
まずは電話かメールでお問い合わせください
受付時間:9時30分~20時(土日祝対応)
相談時間:9時30分~17時(夜間・土日祝対応相談)

受付時間:9時30分~20時(土日祝対応)

相談時間:9時30分~17時(夜間・土日祝対応相談)

電話でお問い合わせ LINEでお問い合わせ