相続財産とは

ここでは、相続財産とは何かについてご説明致します。財産というと、現金、預金、不動産などが、イメージしやすいと思いますが、正確には、相続財産とは被相続人(お亡くなりになられた方)の財産に属した全ての権利義務が対象となります。

相続財産の代表例

・土地、建物など不動産の所有権

・家財道具、自動車、貴金属、現金、など動産の所有権

・預貯金、土地や建物の賃借権、賃金、賃借債権、売掛金、株式などの債権

・特許権、商標権、意匠権、著作権などの無体財産権

・契約上の地位

・借金、未払金、買掛金、損害賠償義務などの債務

相続財産ではない代表的なもの

・死亡保険金請求権(例外あり)

・死亡退職金(受取人が被相続人以外の場合など)

・香典

・墓地、仏壇など

上記の相続財産ではないものについては、相続財産ではないものでも、例えば生命保険金、死亡退職金などの経済的効果が認められるものは、「みなし財産」として相続税が課せられますので、注意が必要です。