遺贈について

この記事を読むのに必要な時間は約1分41秒です。

1 遺贈とは?

 遺贈とは、被相続人が遺言によって他人(これを「受遺者」と言います。)に自分の財産を与えることを言います。

遺贈は、相続人に対しても、第三者に対しても、行うことができます。また、受遺者は、法人(例えば、学校法人、宗教法人、社会福祉法人など)であってもよいです。ただし、受遺者は、遺言の効力が発生した時点で存在していなければなりません。もっとも、胎児が受遺者のときは、例外的に、胎児は既に生れたものとみなされるので遺贈は有効となります。

2 特定遺贈と包括遺贈

遺贈の種類には、特定遺贈と包括遺贈があります。

⑴ 特定遺贈

特定遺贈とは、受遺者に与えられる財産が特定された遺贈のことを言います。例えば、「不動産をAに譲る」や「現金100万円をBに譲る」との遺言などが財産を特定して遺贈しているので、その典型となります。

⑵ 包括遺贈

包括遺贈とは、遺産の全部又は一定割合で示された部分の遺産を受遺者に与える形の遺贈を言います。例えば、「自分の財産全部をCに譲る」、「自分の財産の4分の3をD法人に譲る」などの遺言がその典型例になります。

3 遺贈の無効・取消し

遺贈は、遺言により行われるものなので、被相続人の自筆ではない又は日付・押印がないなどの方式違反の遺言によってなされた遺贈は無効になります。また、遺言者が死亡する以前に、受遺者が死亡した場合にも、遺贈は無効になります。

遺贈を無効又は取り消す場合には、専門的な判断が求められますので、法律の専門家である弁護士に一度相談することをおすすめいたします。

The following two tabs change content below.
弁護士法人ふくい総合法律事務所

弁護士法人ふくい総合法律事務所

当事務所のウェブサイトにお越しいただきありがとうございます。当事務所は、地元福井に密着し、地域のインフラになることを目指し、日々運営をしております。高齢化に伴い、ここ福井でも相続に関するご相談を多くいただいております。しかし、「争続」になってからご相談にお越しになる方が非常に多いのが現状です。「争続」にならないように、生前から対策を行う重要性を強く感じております。この度、弁護士に相談する敷居を少しでも下げ、より皆様にご相談していただきやすいよう、当サイトを立ち上げました。相続に不安をお持ちの方、生前対策をお考えの方は、まずはお気軽にお問い合わせください。
初回無料相談

電話でお問い合わせ

0776-28-2824
初回無料相談
まずは電話かメールでお問い合わせください
受付時間:9時30分~20時(土日祝対応)
相談時間:9時30分~17時(夜間・土日祝対応相談)

受付時間:9時30分~20時(土日祝対応)

相談時間:9時30分~17時(夜間・土日祝対応相談)

電話でお問い合わせ LINEでお問い合わせ