財産の使い込み

この記事を読むのに必要な時間は約3分21秒です。

1 預貯金の使い込みとは?

 預貯金の使い込みとは、遺産分割協議において、被相続人が亡くなる前又は亡くなった後に、一部の相続人が被相続人の預貯金を無断で使っていた場合、ほかの相続人らは、その使い込みをした相続人に対し、どのような法的手段を採ればよいのかという問題です。

そもそも、被相続人の財産については、被相続人自身が管理しているのが理想なのですが、認知症や寝たきりなどの理由で一部の相続人が被相続人の預貯金を管理していることが多いです。

しかし、その相続人が、被相続人やほかの相続人の知らぬ間に預貯金を使い込んでいたことが発覚した場合、遺産分割協議で法的な問題に発展します。

2 誰が預貯金を引き出したのか?

まず考えなければならないのは、誰が使い込んだかです。

一見して、預貯金を管理していた相続人ではないかと思うかもしれませんが、そう単純には行きません。

確かに、被相続人が死亡した後、一部の相続人が預貯金を管理し、その際にお金が引き出されたのであれば、その相続人が引き出したということが言いやすいでしょう。

しかし、被相続人の生きているときにお金が引き出された場合、被相続人などがお金を引き出したのではないことを立証しなければなりません。この場合、引出額やその時の被相続人の生活状況、財産の管理状況等を調査して、その相続人が引き出した蓋然性が高いことを認めさせなければなりません。

3 何に使ったのか?

一部の相続人による預貯金の引出行為が判明した場合、次に問題となるのが、その相続人が、このお金を何に使ったのかという問題です。なぜなら、その相続人が、医療費や生活費など被相続人のために使ったとなれば、そもそも違法とはなりません。

この点、被相続人が死亡した後において、預貯金が引き出された場合、それは被相続人のためとは考えにくいので、基本的には、預貯金の使い込みとなる可能性が高いです。

一方、被相続人の死亡前の預貯金の引出しは、被相続人の医療費や生活費などのためだと反論される可能性が高いので、引出額、被相続人の当時の生活状況等を考慮し、慎重な判断が求められます。

4 預貯金の使い込みが判明した場合

最後に、預貯金の使い込みが判明した場合、使い込みをした相続人に対し、そのお金を返せということになります。これを法律用語として「不当利得返還請求」と言います。この場合、その相続人が返還に応じなければ、裁判所で解決することになります。

以上のように、預貯金の使い込みについては、複雑な法的問題をはらんでいますので、法律の専門家である弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士による相続の相談実施中!

弁護士法人ふくい総合法律事務所では、初回相談を無料でおこないます。

「相続財産の分け方で困っている」
「最低限の相続分がもらえない」
「財産の使い込みで困っている」

などのニーズに、相続問題に強い弁護士がお応え致します。
お気軽にご相談ください。

相談の流れについてはこちら>>>

メールでの相談予約はこちら>>>

The following two tabs change content below.
弁護士法人ふくい総合法律事務所

弁護士法人ふくい総合法律事務所

当事務所のウェブサイトにお越しいただきありがとうございます。当事務所は、地元福井に密着し、地域のインフラになることを目指し、日々運営をしております。高齢化に伴い、ここ福井でも相続に関するご相談を多くいただいております。しかし、「争続」になってからご相談にお越しになる方が非常に多いのが現状です。「争続」にならないように、生前から対策を行う重要性を強く感じております。この度、弁護士に相談する敷居を少しでも下げ、より皆様にご相談していただきやすいよう、当サイトを立ち上げました。相続に不安をお持ちの方、生前対策をお考えの方は、まずはお気軽にお問い合わせください。
初回無料相談

電話でお問い合わせ

0776-28-2824
初回無料相談
まずは電話かメールでお問い合わせください
受付時間:9時30分~20時(土日祝対応)
相談時間:9時30分~17時(夜間・土日祝対応相談)

受付時間:9時30分~20時(土日祝対応)

相談時間:9時30分~17時(夜間・土日祝対応相談)

電話でお問い合わせ LINEでお問い合わせ