遺産分割の解決及び二次相続の対策を行った事例

状況

お父様を亡くされたTさんからのご依頼でした。

相続人は、Tさん、Tさんのお母様、Tさんのお兄様でした。

亡くなったお父様は資産家で、不動産経営をしており、多数のアパート等の賃貸物件や預金等を有していましが、他方で不動産経営にあたって多額のローンを組んでいました。

また、遺言書はありませんでした。

Tさんは、遠方に住むお兄様と遺産分割協議を行っていましたが、お兄様からの要求が過大であり、到底、応じられないということで、当事務所に相談にいらっしゃいました。

弁護士からのご提案および実施したこと

事情をお伺いする限り、本件紛争の解決としては、調停での解決がスピーディーであるとアドバイスさせていただきました。

また、お母様もご存命のため、二次相続に向けて、紛争予防のための対策を実施したほうがよいということもアドバイスさせていただきました。

結果

当事務所で受任後、相続財産の調査を行い、調停を申立てました。その中で、相手方であるお兄様に特別受益があること等も主張し、調停を申し立てて半年ほどで、遺産分割協議が成立しました。

また、お母様に遺言書を作成してもらう等して、二次相続においては紛争を発生させないための施策を実施していただきました(他にも何点か施策を実施しましたが、詳細はここでは記載できません)。

所感

お父様が資産家であっただけに、生前に遺言書作成等の生前対策をしていれば、このような紛争は防げたのかなという事案でしたが、それを悔やんでもしょうがないので、これからできることを、依頼者様と一緒にひとつひとつ実施していった事案になります。

相続解決事例の最新記事