離婚した元夫の両親から相続財産を返還してもらった事例

状況

離婚した元夫の相続に関するご相談でした。

第1順位の相続人である長男と長女は依頼者が養育している一方、元夫の財産は、元夫の両親が管理しているという状況でした。

離婚して10年以上経過しており、元夫の両親との交流も途絶えていたことから、相続手続を円滑に進めるため、当事務所に相談にいらっしゃいました。

弁護士からのご提案および実施したこと

元夫の両親に連絡するとともに、相続財産の調査を行いました。

相続財産の調査は円滑に終わりましたが、元夫の両親が使った元夫の預貯金に関して、当事者間で紛争になり、双方の代理人で協議をしました。

結果

上記の預貯金の使用について、適正な支出として容認できないものがいくつかあったため、それを指摘し、元夫の両親から160万円余りを相続財産に返還してもらいました。

通帳の履歴を丁寧に分析し、支出の不適正さを的確に指摘できたことが、返金に繋がった事例でした。

相続解決事例の最新記事